仲介を依頼する不動産会社は大手?地域密着?

Closeup hand holding red heart during sunset background. Happy, Love, Valentine’s day idea, sign, symbol, concept.

家を売るということになれば不動産会社と仲介契約を結ぶ方がほとんどだと思います。
そんな時、大抵の人は初めての経験であるため、よく名前を聞くような大手の不動産会社と契約を結んでしまうと思うのですが、一概に大手がいいと断言できるものではありません。
仲介契約を結ぶ前に大手不動産会社と地域密着型不動産会社のメリットについてそれぞれおさらいしておきましょう。

大手不動産会社メリット

・膨大な顧客リストを保有している。
ーこの顧客リストから購入希望者を引っ張り出してきて、あなたの家を売却に持っていくことが出来ます。見つかる買い手の幅は大手不動産会社のほうが広いと言えるでしょう。

・資金力と取扱い物件数が多い。
ー家を販売するために不動産会社が広告を打つのですが、その資金力とノウハウがあるため適切で効果的な広告活動を行えます。

地域密着型不動産会社メリット

・売却する不動産に適した額を提示してくれる。
ー地元企業や投資家にパイプを持っていることが多く、そういったつながりが地元業者ならではの強みだと言えます。

・地元ならではの親身な対応
ー大手のように顧客数も多くないからこそ一つ一つ丁寧に売却してくれます。
不安になることも多い不動産売却の実施機関に親身に対応してくれることは予想以上にありがたいものです。

最後に

大手不動産会社と地域密着型の不動産会社ではそれぞれの向き不向きがあるためどちらがいいというように限定することは出来ません。
とりあえず、大手も地域密着型もそれぞれまとめて査定をしてもらって売却の手続きを進めようとしてみて決めるのがベストのように思います。