不動産売却の流れと高く売るコツ

不動産売却の基本的な流れとしては以下のようになります。

①査定→②仲介依頼→③売却

不動産の売却に向けて動き出し、この売却が完了するまでには平均して半年ほどかかると言われています。
したがって、手放したい直前に決めてもすぐに売れないのが現実になっているため、早めに動くことが重要となっています。

それぞれの流れにおけるコツついて解説していきます。

①査定

査定は担当する不動産会社によってかなり変わってきます。
したがって複数の不動産会社に査定してもらって高く査定してもらった不動産会社とやりとりするのが吉。

そこでおすすめが、
イエウール、リビンマッチ、マンションナビ、Smoola、イエイになっています。
それぞれ不動産売却一括査定サービスを展開しており、実績とサービス面ともに非常に素晴らしいサービスとなっております。
それぞれの不動産一括サイトごとに提携している不動産会社が違うのでより高い査定金額をもらいたいならより多くの不動産一括査定サイトで査定してもらうといいでしょう。

②仲介依頼

①査定で査定してもらった中で高い査定価格を出してくれた不動産会社と提携していきましょう。
その中でも同じような金額を提示してくるところはあるはずなのでそんなときは実績がある会社か、不動産会社の担当者が信頼できるか、仲介手数料は安いかという視点でどの不動産会社と提携するか決めることがおすすめです。

③売却

あなたの売却希望額を決めて売り出すことになります。
買い手がつくまで待つだけというわけではなく、購入を見学する人の対応も必要なので家を常にきれいにしておくことも非常に重要です。
値引き交渉も行われることが常なのでその準備をしておきましょう。

売却交渉が終われば売買契約を結んで引き渡して終了です。

最後に

不動産売却の流れを説明していきましたがいかがだったでしょうか?
予想以上に大変そうだなと驚かれたと思いますが、大きな金額が動く場面でもありますので慎重に進めていきましょう。